スーツの女性

荷物を置ける便利な貸倉庫【不動産会社に紹介してもらおう】

会社の倉庫を増やす

オレンジ色のシャッター

会社に商品などの置物が多くなってしまい、置く場所が確保できないことになったらレンタル倉庫を利用すると良いでしょう。レンタル倉庫は会社の倉庫と同じように、必要な商品を会社とは別に保管ができます。大きさはレンタル倉庫によって大きく変わるため、保管する物の大きさや数などを事前に確認すると大丈夫です。レンタル倉庫は基本的に家賃と同じように月極のところが多く、購入する場合は稀です。不用になったら解約するだけですので、無駄な費用がかかりにくいのも特徴です。レンタル倉庫の大きさによって賃料が変わる仕組みで、広い場所であればその分高くなります。賃料に無駄が無いようにするためにも、事前に保管する物の数や量を把握しておくことが大切になります。ちなみに、レンタル倉庫と同じようなものにトランクルームといわれるサービスもありますが、あちらは商品を保管するよりも機材や小道具などを保管することに優れています。

レンタル倉庫は商品の保管に対する責任を会社側で持たなくてはなりません。室内温度が高すぎたりして商品がダメになっても、責任は全て会社側にあります。そのため、商品を管理する人を決めておくと良いでしょう。

レンタル倉庫を導入するときは不動産会社に問い合わせる必要があります。問い合わせるときは電話やメール、場合によってはFAXでも可能な場合があります。事前にどのような問い合わせ方法があるかを調べておくと、問い合わせするときに焦らずに済みます。